体に組み込まれたDNAが確実に奪っていく

長い友と書いて髪。

 

しかし、実際は薄情で気まぐれな友達である。

 

だが、私はそんな友達と少しでも長く付き合っていきたいと願い、さまざまな育毛対策を実践している。

 

もともと、父方、母方の家系共々、薄毛が多いので、言うなれば私はAGAのサラブレットなのだ。

 

なので、20代の頃から、人一倍育毛対策には気を使ってきたつもりだ。

しかし、それでもこの体に組み込まれたDNAは私の友達を少しずつ、だが確実に奪っていくのであった。

 

それでも尚、私はこの憎らしいDNAに贖おうと思う。

 

育毛対策の基本はまず、あきらめないという強い気持ちを持つ事だと思っているからだ。

 

実際に試して分かった薬用トニックの実力はこちら

 

これまでの対策を実践してこなかったら、もっと進行していたかもしれない。

 

そういう風に考えると育毛対策も無駄ではないと思えてくるから不思議だ。

 

もう、10年以上続いている育毛マッサージや育毛シャンプーの使用などは、もはや、私のライフスタイルの中に見事に溶け込んでいる。

 

これからも、私は例え友達が最後の一本になっても、育毛対策を続けるだろう。

 

やがて、新しい友達が芽吹くことを信じて。